ニナファーム

Research & Development

フランス ニナファーム社の研究開発

さらなる抗酸化研究のためにさまざまな研究機関と連携

ニナファームは、先端の抗酸化研究の発展と促進のために世界抗酸化学会<ISANH>・パスツール研究所・フランス抗酸化協会<SFA>など、世界に広がるさまざまな抗酸化研究機関と常に連携しています。

  • ●基礎研究・情報の共有
    ●プロジェクト参加
  • 世界抗酸化学会(ISANH)

    世界抗酸化学会(ISANH)のご紹介

    1998年、世界各地で行なわれている最新の抗酸化研究の情報交換の場として設立。パスツール研究所をはじめ、抗酸化研究に従事する研究機関や大学など多数の研究者が参加。最新かつ先端の抗酸化研究の活発な意見交換、研究成果の発表が行なわれています。会長にマーヴィン・イディアス博士。
     

    マーヴィン・イディアス博士
  • ●共同研究・プロジェクト実施
    ●リサーチプロジェクトサポート
  • パスツール研究所

    パスツール研究所のご紹介

    1887年、フランス パリに設立。抗酸化分野をはじめ、さまざまな基礎・応用開発研究を行なう、世界最高水準を誇る研究機関です。
    数多くのノーベル賞受賞者を輩出。
    日本パスツール協会・科学広報担当にニナファームジャポン会長ベジット・イディアス。


    パスツール研究所

    最高品質を生み出すニナファームの5つの柱

    抗酸化をはじめとするさまざまな分野の研究機関との連携や世界中で開催される学会での最新情報をいち早く入手できるニナファームだからこそ、5つの柱に基づき他の追随を許さない独自のエイジングケア成分を開発できるのです。

    最高品質を生み出すニナファームの5つの柱
    研究・開発

    1. 研究・開発

    自然界の力ほど安心で素晴らしいものはない。だから植物由来のエイジングケア成分にこだわるのです。
    世界中に広がるパートナーと連携し、より安全で信頼のおける素材を確保するために、産地選びから品質管理まで徹底的に追及します。

    抽出技術

    2. 抽出技術

    “自然と科学の融合”それがニナファームの考えです。
    すぐれた植物の活性成分も抽出方法が違えばその力は半減してしまいます。先進のテクノロジーを駆使した独自の抽出技術は、よりナチュラルでパワフルな植物の活性成分をあますことなく取り出すことを可能にしました。

    コンプレックス

    3. コンプレックス

    “植物×植物が新たなパワーを生む”
    植物の活性成分を組み合わせることで相乗効果を発揮し、よりパワフルに活性する成分となります。
    ただし、それはどんな組み合わせでも良いとは限りません。最新の抗酸化研究に基づいた確固たるベースがあってこそ実現するパフォーマンスです。ニナファームの植物コンプレックスが、常に一歩リードし続ける理由です。

    ナノテクノロジー

    4. ナノテクノロジー

    抽出した活性成分はニナファーム独自のナノテクノロジーによってつくられた2重構造のナノサイズカプセルに詰め込まれます。
    これが成分を安定した状態で送り込む独自の「リポソーム」です。さらに活性成分の効果を効率良く、持続的に発揮させるためにリポソームには「タイムリリース処方」が施され、ダメージに対しじっくりと長時間アプローチすることが可能となります。
    ※ナノサイズ 1nm=10億分の1メートル

    成分運搬技術

    5. 成分運搬技術

    植物から抽出された活性成分はとてもデリケートです。
    独自の成分運搬技術、ADS®(アドバンスト デリバリーシステム)は、有用な成分を必要な場所へ集中的に運びダイレクトに効果を届けることを目的としています。
    常に最良なものをつくり続けることを使命とする科学者たちの想いが生み出した画期的な技術です。

    実績

    サンテアージュTOPへ